産業医!会社と労働者を支える専門医です!

産業医って主治医とは違うの?

日々働いている中で、もしくはストレスチェックの時に産業医という言葉を聞いたことのある人もいるかもしれません。しかし、実際どんな立場なのか、どんなことをするのかということを知らないという方もたくさんいるかもしれません。産業医とは、労働者にとっての主治医とは大きく役割が異なります。主治医とは、労働者が病院に行って、診察や診断を受けたり、治療を受けたりします。そのため、基本的には労働者に対する支援が中心です。一方産業医とは、組織と労働者の両者に対して支援を行います。また、診断や労働者に対する直接的な治療というものはしません。基本的な職務内容としては、健康診断や健康教育、作業環境の維持管理が中心です。例えば、メンタルヘルスの不調を訴える労働者が出た時、職場環境と労働者の状況を踏まえて、両者に助言をします。

産業医はどこの職場にもいるの?

産業医は労働者が50人以上いる会社にはいます。また会社の規模によって必要な産業医の人数は異なり、例えば3000人以上の会社では2人の産業医を選任する必要があります。ただし、産業医は毎日会社にいるというわけではありません。基本的には500人未満の会社であれば、産業医は専属である必要がないからです。つまり、産業医の多くは、病院などでの日常診療を行いながら、産業医の仕事も行なっています。しかし常時3000人以上の労働者がいる会社であれば専属の産業医を2人以上選任する必要があります。もし、産業医との面談を行いたい場合は、会社の規模を問わず、会社にその旨を伝える必要があります。

産業医は現在数が不足しており、また産業医が所属している会社も一人だけの所属となっていて中々全社員に手が回らないという所も多いです。その為産業医の募集自体は引く手数多となっており将来有望な職種です。