どうやって書くの?英語の履歴書の書き方とは

英語の履歴書っていつ使うの?

履歴書とは、日本ではアルバイトの面接からはじまり、就職活動などさまざまな場面で使用されます。この際、日本に暮らしており、日本の企業に勤めるのであれば、市販の日本語の履歴書を書いて提出すれば問題ありませんが、そうでない場合もあります。もし、外資系の企業に勤めたいと考えている場合や貿易関係など海外との取引が多くなる企業へと勤めたいと考えている場合は、英語の履歴書が必要となります。英語の履歴書とは、その名の通り、英語で書かれた履歴書のことです。

英語の履歴書と日本語の履歴書との同じ部分

英語の履歴書と言っても、もともとは履歴書であるので日本語の履歴書と書く内容として大きく外れてしまうということはあまりありません。どの国の採用試験であっても、採用にするにあったって必要となる部分は同じことであり、技能や職歴などがそれに当たります。そのため、技能や職歴・学歴などの項目は日本語の履歴書と同様に書かなければならない項目です。また、志望動機というものも採用試験では重要ですが、英語の履歴書では項目に含まれておらず、カバーレターに分けて記載することになります。

英語の履歴書と日本語の履歴書との違い

英語の履歴書と日本語の履歴書では同じ部分もありますが、異なる部分も多くあります。そのうちのひとつが、生年月日や年齢、性別、家族構成、顔写真が必要ではないということです。日本語の履歴書では必ず、項目として欄がとられていますが、英語の履歴書には基本的にはありません。また、職歴や学歴を書くということは共通していますが、基本的に英語の履歴書では新しい経歴から順に記載していくことになり、古い経歴から書く日本語の履歴書とは異なります。

面接を英語で受ける場合は、文法よりも声の大きさとジェスチュアの活用を重視してください。英語力は後からでも鍛えることができるからです。大切なのは、この人と一緒に仕事をしたいと思われるかどうかです。