就職で失敗しないために!求人票を見るときの注意点

求人情報はどこで探す?!

就職や転職の際に皆さんはどこで求人情報を探すでしょうか?最大規模の求人情報を取り扱っているハローワーク、同じく求人情報が多いインターネットの求人情報サイト、さらに転職サイトや転職エージェント、求人情報誌などから求人情報を探す人がほとんどだと思います。例えば、ハローワークや転職エージェントに依頼した場合、担当の職員やスタッフが求人情報について様々なアドバイスをしてくれます。ハローワークのように膨大な数の求人情報を取り扱っている場合、担当の職員にある程度希望に沿った内容のものを紹介してもらうほうが良いでしょう。また、転職エージェントでは非公開求人の紹介を行っている場合もあり、より良い条件の企業に出会える可能性が高くなります。インターネットの求人情報サイトや転職サイトを利用した場合、自力で良い条件の企業を探さなければならないという手間はかかりますが、空いた時間に自分の好きなタイミングで就職・転職活動ができるというメリットがあります。

求人票のここを見極めよう!

少しでも良い条件で就職や転職をしたいと考えるのは誰でも同じです。その中でも重視されやすいのが、給料・休日数・拘束時間ではないでしょうか。しかし、拘束時間が短く休みが多い、さらに給料も高額、こんな企業はほとんど無いと思っていた方が良いでしょう。逆に言えば、求人票に、「給料が高額!休日数は業界最多!拘束時間が短い!」などと掲載している企業は注意をしておいた方が良いでしょう。また、求人票の掲載期間が他の企業に比べて異常に長い場合も、何らかの理由で離職率が高いか人材が集まっていない証拠なので注意が必要です。

施工管理の求人を探す方法は、専門のウェブサイトなどを利用すると詳しい条件などが掲載されていて見つけやすいです。